婚活地獄にハマる男性が急増中!!原因と対策とは!?

こんにちは
FUJIWARA NO OWARI(@romio19911005)です。

皆さん、「婚活地獄」って聞いたことありますか?

今回は婚活地獄の原因と対策について詳しく書きました。

婚活地獄ってなんだ?

そもそも婚活地獄とはなんなのでしょうか?
数年前からブームに火のついた婚活ですが、 思うように理想の女性(女性が当事者なら男性)に巡り会えず、 婚活に疲れ果ててしんどくなってしまう状態を言います。
 
以前から「婚活疲れ」という言葉は聞かれるようになっていましたが、 婚活地獄はそれ以上に、精神・肉体・経済的に辛い状態を指します。 中にはめんどくさくなって婚活自体を諦めてしまう人や、 人格を否定されたと感じて精神的にきつい状態に陥ってしまう人もいるようです。
 
人は婚活に限らず、1つのことに問題意識を感じてその問題をうまく超えられない日々が長く続くと、 精神的に追い詰められてしまいます。 婚活を頑張って続けているのに思うように成果が出ないと、 心に疲労がたまり、最悪の場合はうつ病を患ってしまうことも。 これは「婚活うつ」と呼ばれています。 また、高所恐怖症や対人恐怖症などの恐怖症があるように、 婚活を経験してトラウマを抱えてしまった人は 「婚活恐怖症」を発症してしまうことがあるようです。

「婚活地獄」にハマる原因

ここでは婚活地獄のにハマる原因を紹介したいと思います。

金銭負担が大きい

第一に挙げられるのは、金銭的な負担による原因です。
 
婚活には様々な手段がありますが、 多くの場合、女性よりも男性の方が金銭的な負担が大きく設定されています。
例えば、婚活のオンラインサービスにはアプリやサイトを利用したものがあります。 その中には女性は完全無料を謳うサービスや、男性には月々数千円の利用料が課すものがあります。 また、男女の出会いをコンセプトにした居酒屋では、女性の飲食代を男性が支払う、 という制度を設けているところがあります。
 
このように価格設定に差が出る背景には、 婚活サービスに集まる男女の数の差が起因していて、 ある婚活サービスの会員構成は、男性:女性=8:2と言われているものもあります。
 
女性が婚活サービスに集まりにくい原因はいくつかあります。 大きな原因は、婚活適齢期に差があることです。 婚活をしている女性の多くは、20代と30代ですが、 男性は、20代〜40代と幅広く、中には50代でも活発に婚活をしている人も珍しくありません。 必然的に女性が集まりににくくなるため、男性の方が高額というサービスの価格設定が生まれるのです。
 
他にも、知らない異性と出会うというサービスの特性上、 危険意識が女性の方が高くなることや、 単純に飲食の量による価格差を設定しているパーティーなども存在します。

マッチングしても次に繋がらない

精神的な負担として挙げられるのは、 女性とマッチングしても次につながらないと言う理由です。
 
マッチングとは、婚活サービスにおいて条件や第一印象などで男女が相手に好印象を持ち、 2人だけでコミュニケーションの場を持つことを指します。 1度マッチングすると、否応無しに期待度が高まります。 そのため高まった期待とは裏腹に、 実際にコミュニケーションを図ると 次のステップに進むことを相手から断られてしまったり、 自分の中で”この女性じゃないな”と感じてしまうと、 期待度が上がった分ギャップが大きくなり、精神的に落とされてしまいます。
 
婚活地獄に陥った人は、この精神の浮き沈みを何回、何十回と繰り返し経験するので、 精神的な負担がどんどん増すのです。

婚活パーティーでマッチングできない

先ほど述べたマッチング後の精神的な浮き沈みも辛いのですが、 そもそもマッチングしない、という状態が続いて、 疲れてしまう人も少なくありません。
 
特に、婚活パーティーでは、 会の終盤に参加者の中でマッチングしたカップルが発表されるケースが多いのですが、 何度も参加している自分がマッチングしない状態で、 毎回誰かの幸せなマッチング成功発表を聞くのはかなりきついものがあります。
 
婚活パーティーに限らず、 知り合いの中でマッチングや婚活に成功した人の報告を聞き続けることも、 婚活中にはストレスになることが多々あります。
 

婚活パーティーでの年齢差別

先ほども少し述べましたが、 婚活では「年齢」という条件が想像以上に重要視されます。
 
男女ともに結婚後に子どもを持つことを望む人が多いので、 身体的なタイムリミットがある以上避けられないものです。 婚活において男性は20代後半から30代前半で女性からの人気がピークになり、 年齢を増していくと人気は下がる傾向にあります。
 
婚活の現場では、年齢による格差は激しいのです。

女性からモテない理由がわからない

勉強にしろ仕事にしろ、向上して行くためには、 自分のやり方を見直して改善点を発見し、 改善の努力をするのが成功の1つのセオリーですが、 婚活においてはこのセオリーが簡単には当てはまらないことが多々あります。
 
なぜなら、改善点を見つけ出すのが難しいからです。 婚活における改善点とは、本人がモテない理由。 それを見つけ出すのは至難の技です。 自分ではなかなか知り得ることが出来ないので、 他人からの客観的な意見、できれば異性からの意見が欲しいところですが、 どう考えても本人が傷つく分析をしたがる女性はあまりいません。 運良く出会えても、その女性の意見が全てとは思えないですし、 自分がモテない理由を見つけ出すのは難しいのです。
 
改善点がわからないものについて、 向上するための努力をするのは捉えどころのない途方も無い作業です。 モテない理由がわからないということは、 婚活地獄にはまってしまう男性を作り出す大きな理由の一つとなるわけです。

「婚活地獄」にハマる男性の特徴

続いては婚活地獄にハマりやすい男性の特徴を見ていきましょう。

自分の欠点が認められない

誰にでも欠点はあるものですが、その欠点を認められるかどうかは、 婚活においては非常に重要なポイントになります。
 
一般的に男性の欠点になるような特徴で、 婚活している女性が気になるものはズバリ、 その欠点が「結婚生活に支障をきたすようなものかどうか」です。 それ以外の欠点は大きな問題ではありません。
 
清潔感がない、金遣いが荒い、短気ですぐ怒る こうした特徴はよく、婚活女性から男性の欠点として耳にします。 お金がなかったり、性格が優しくなかったりするのも、 結婚生活に支障をきたすことは容易に想像できますね。 こんな欠点があったとしても、 自分でその欠点を認められて、克服しようとしていたり、 うまく付き合えていたりする男性は魅力的に映ることもあります。しかし、 そもそも自分の欠点を認められていない男性は、 結婚相手としては候補のステージに上がることもできないのです。

年収が低い

多くの女性が結婚相手の男性を選ぶ際にチェックするのが、年収です。
女性の考え方にもよりますが、年収の多さが一番大切だと考える人も少なくないのが現実。 年収はいきなり増やせるものではないので、 年収の低い男性にとっては、婚活をスムーズに進めるのが厳しくなります。 学歴や企業の大きさなど、将来的な年収アップが見込める男性は、 そのことをアピールするという方法もありますが、 そうではない人は、婚活を少し休んで年収アップに向けた転職活動に力を入れるのも、 婚活を早く終わらせる有効な手段なのかもしれません。
 
最近は副業で収入を増やしている人も増えてきています。どんな副業を流行っているのか気になる人は是非こちらの記事に目を通してみてください!すぐ始められる副業もたくさんありますよ!

否定される事が怖い

婚活を続けていると、多かれ少なかれ誰しもが好意を寄せた女性から「断られる」という経験をします。 それはお付き合いに限らず、連絡先の交換やデートの誘いかもしれません。 普段から女性と恋愛の駆け引きをすることに慣れていて、 恋愛において「断られる」という状態が普通なんだ、 と思える人は苦にならないと思いますが、 これまでの恋愛経験が少なかったり、プライドが高い男性は、 1度こうした経験をしてしまうと、 再び「断られる」ことが小さなトラウマになって、 女性を誘うことが怖くなる人が多いようです。

恋愛や婚活において、運命の人に出会うには「断られる」経験は必須です。 そうやって誰が本当に運命の人なのかを見分けていくのが婚活といっても過言であはりません。 断られてスパッと諦められる人はきっと運命の人ではないですし、 断られても絶対に手放したくない!と感じる人は、 もしかすると結婚相手なのかもしれません。 何にせよ、「断られない」婚活はありません。 否定されることに恐れず、 ”明日はいいことあるさ”と気軽な気持ちで婚活に挑んでみてくださいね!

婚活を頑張りすぎている

ある知人男性は、周りの仲間がどんどん結婚することに焦りを感じて、 婚活をすごく頑張っています。 婚活の予定がない日を作らないように、 平日も休日も色々な方法で婚活を行い、たくさんの女性と出会っていました。 はたから見ていても大変そうで、 実際に本人も数ヶ月程度すると、ひどく疲れてしまった様子でした。 勉強や仕事では短期間に集中して全力を出し切ると成功する、 という方法も有効ではありますが、婚活はそうはいきません。 自分が続けられるペースで、 気になる女性に出会えたらその人とじっくり向き合える余裕を持って挑んだ方が成功するのではないでしょうか。 頑張りすぎは、裏目に出てしまうこともありますよ。

焦って結婚しようとしている

婚活を長年続けている人に多く見られる特徴ですが、 結婚が目標になってしまうと婚活は上手くいきません。 日本人は元来、生真面目な人が多い民族なので、 結婚していない自分を受け入れることができず、 どうにかして「結婚している自分」という目標の状態になろうと努力します。

しかし、結婚は焦ってもできませんし、 万が一、焦ってできた結婚には、幸せな結婚生活は待っているとは思えません。 結婚はゴールではなくスタートなのです。 これから続く長い結婚生活や家庭生活を、 どんな女性と送るのか?どんな自分になって送るのか?を、 婚活をしながら考えることも、婚活の重要なポイントです。 焦りは禁物です。 納得のいく結婚生活を送るためにも、じっくりと婚活に挑んでみましょう。

「婚活地獄」から抜け出す方法

これまで婚活地獄にハマる原因や男性の特徴をご紹介してきましたが、 では、どうすれば婚活地獄から脱出することができるのでしょうか? ここでは、婚活地獄からの脱出方法についてご紹介したいと思います。
 

回数、期間を決めてイベントに参加する

婚活にはパーティーや街コンなどのイベントがつきものですが、 こうしたイベントはインターネットを検索するとひっきりなしに行われいます。 婚活を頑張る人には嬉しいことなのですが、 頑張りすぎるあまりどんどん参加してしまい疲れが出て、 婚活地獄への扉を開いてしまうことになりかねません。
 
ポイントは、参加する回数や期間を決めて行動することです。
例えば、「3ヶ月間は予定の合う週末イベントには参加する」と決めてみて、 3ヶ月経っても思うように婚活が進んでいなければ、 一度休憩し3ヶ月間の活動を振り替え時期を設けてみましょう。
 
休憩することで疲れも取れますし、 冷静に自分の婚活を振り返ることができ、 今後の婚活を成功へと近づけることができます。

間を空けないこと

婚活イベントに参加する時期、しない時期を決めることをお勧めしましたが、 決して婚活を無計画に止めたり再開してはいけません。 あくまでも婚活をストップする時期も計画的に決めましょう。
 
オススメの休暇期間は、1ヶ月以内です。 また、ストップしているからといって、思考を止めてしまってはいけません。 あくまでも休憩したりそれまでの活動を振り返る時期と捉えて、 次の婚活を頑張るタイミングが来たら、振り返りを生かして婚活を行いましょう。
 
無計画に半年、1年と間を空けてしまうと、モチベーションの維持も難しくなりますし、 どんどん変わる婚活市場のトレンドを再度キャッチするのにも労力がかかってしまいます。
 
婚活サービスによっては、長期間休会すると再度入会費用がかかるものもあり、 経済的にも無駄な出費となるため、必ず休憩は計画的にとるように心がけましょう。
 

キープをしない

婚活を頑張っている人に時々見かけるのですが、 好意を持った女性に中途半端なアプローチをしておいて、 付き合うでもなく離れるでもない、いわば”キープ”の状態を作っておく人がいます。 これは婚活の成功を目指すならお勧めではありません。
 
キープをしておくと心理的に安心な状態が生まれ、 別に好意を寄せる人が現れても本気でアプローチする気になれませんし、 キープしている女性以外に全く出会いがなかったとしても、 その女性とコンタクトをとっていることで、 なんだか婚活がうまくいっているような気持ちになってしまうからです。 そうした中途半端な状態が続けば続くほど、婚活の成功は遠のきます。
 
早く成功して終わらせたいなら、一人一人の女性と真摯に向き合い、 ”この人ではないな”と思ったタイミングで、誠意を持って気持ちを伝えて、 新たな出会いへと気持ちを切り替えましょう。
 

コスパの良いイベントを探す

婚活には様々なイベントがありますが、それぞれに特徴があって、 また参加費用の設定がされているものがほとんどです。
 
一見すると大きな違いはないように感じますが、 よく考えると、自分のタイプの女性が集まりやすいもの、反対に集まりにくいもの、 そもそも女性の参加者が少ないものや交通費や時間帯などを考えると 自分が無理をしないと参加しにくいもの、 など「自分に合う/合わないイベント」というものが見えてきます。
 
費用の面でも、内容の割に手頃な価格で設定されているものから、 高額な費用を払っても女性の参加率が悪いものなど、様々なイベントがあるのが事実です。
 
婚活イベントにおいても「コスパ」という概念を用いて内容をチェックするようにしてみましょう。 経済的な負担は婚活地獄への一歩となりかねません。 賢くイベント選びをおこなってくださいね。

婚活パーティーに1人で参加する

少し勇気がいると感じる人も多いと思いますが、 婚活を早く成功させたいのであれば、婚活イベントには1人で参加してみてください。
 
友達と参加すると、女性にアプローチをするよりも多く、必ずその友達と話してしまいます。 知らない女性に話しかけるより断然、気心の知れた男友達を話す方が簡単だからです。 そんなことをしていては、せっかくお金と時間をかけて参加しているイベントが大なしになってしまいます。
 
グループで参加している女性に話しかけにくいのでは?と感じる人がいるかも知れません。 本気で結婚をしたい女性であれば、女性もまた1人で参加していることが多いですが、 もしグループで参加している女性に本気でアプローチしたいと思った時は、 1人でも勇気を出して声をかけてみてください。 最初は少し勇気がいりますが、成功への近道であることは間違いありません!

1回目のデートは自分から誘うべし

婚活イベントにしろアプリにしろ、いいな!と思える女性に巡り会えたら、 まずは自分からデートに誘って見ましょう。
 
どんな女性も、本能的に自分を引っ張っていってくれる男性に魅力を感じます。 2人で会う約束をしてくれないまま、ダラダラとメール交換の時間が過ぎて行くと、 だれた雰囲気が2人の間に漂ってしまいますし、 他の男性に気移りしてしまうことだってあります。
 
まずは、タイミングをみて自分から女性をデートに誘いましょう!
<デートの誘い方>
当たり前ですが、デートというのは男女が2人きりで会うことです。 間違っても1回目のお誘いからグループで会ったり、男友達がいる場に誘ったりしないように。 異性関係ではなく、友達関係に発展してしまう危険性があります。
 
デートにはいくつかの誘い方がありますが、女性が最も気軽に「YES」と言いやすいのは、 「めちゃくちゃ美味しいお店があるから、今度ランチ(お茶)でもどうですか?」という誘い方です。
 
”2人きりの時間を持ちたいから!”とか”あなたのことをもっと知りたいから!” と素直にぶつけるのはやめましょう。 最初のデートからそんな風にアプローチされると、正直とても重いです。 場合によっては怖さを感じて断れられてしまうこともあります。
 
”めちゃくちゃ美味しいお店”とすることで、目的は2人で会うことだけじゃなくて、美味しい料理を食べること、 という風にぼかすことができるので、女性も「行きたい!」と思えます。
<おすすめのデート場所>
本当に気になるお店や美味しいお店がある場合は、実際にそこで会うのがベストですが、 必ずおしゃれなカフェやレストランにしてください。 間違っても定食屋や中華料理屋は避けるようにしましょう。おしゃれなカフェやレストランが嫌いな女性はほぼいません。 特にこだわりのない人でも、連れて行ってもらって気分を害するようなことは、まずありません。
 
 パッとそんな場所が思い浮かばない人は、 仲の良い女友達や食トレンドに敏感な男友達にめぼしいお店をリストアップしてもらって、 デートの日までに偵察に行っておきましょう。
 
当日スムーズにアテンドできて、女性からの高評価を得られますよ!
 

カウンセリングを受ける

婚活を続けていて疲労を感じた時、その疲労感がお腹の痛みや不眠といった 身体的なトラブルに発展することがあります。 こうしたトラブルは、うつ病の初期サインの場合があります。
 
うつ病であるかどうかの判断は、専門医でも難しいものですが、 こうした体のトラブルがある場合には、なるべく早く精神科への受診をしましょう。 「婚活疲労外来」という、婚活が原因によるうつ病を専門に診ているクリニックもあります。 通える場所に専門クリニックがある場合は、ぜひそちらで受診されることをオススメします。
 
もしうつ病であるなら、1人で治すことはできません。 専門家と一緒になるべく早く治療に専念し、 婚活の場に戻れるようにすることが、何よりの近道なのです。

結婚相談所に相談する

婚活による疲労を感じているが、うつ病とまではいかない場合、 それでも専門家に話を聞いて欲しくなることが多々あると思います。
 
結婚の専門家は、結婚相談所にいます。 彼らの目的は結婚相談所へ入会してもらうことなので、 相談を進めるうちにどうしても入会を勧められる場面に出くわしてしまいますが、 それでも自分の悩みを専門家に打ち明ける経験は、ぐっとその後の婚活を楽にしてくれます。
 
無料でカウンセリングを行っている相談所もたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。 1人では気づけなかった思わぬ婚活のヒントをもらえる可能性が高いですよ!

まとめ

婚活地獄にはまってしまうと、もう2度と抜け出せないのではないか? 自分は結婚できないのではないか?と不安に陥ります。 しかし、地獄にいながらにしても、どうやったら婚活を成功させられるか? 自分が求めている結婚生活や女性は一体どんなものなんか?と真摯に自分を見つめ直し、 次の婚活にその結果を出せたら、必ず婚活は成功させることができます。
 
婚活地獄にハマっている人はあなただけではないですし、 婚活は男性にとっても女性にとっても、長く苦しいことは変わりません。
 
必ず訪れる成功を信じて、誠実に婚活と向き合ってみましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください