本気で婚活・恋活するならティンダーは使うな!!

こんにちは
FUJIWARA NO OWARI(@romio19911005)です。

ここ数年、マッチングアプリが流行しています。
我々の恋愛の仕方や婚活方法にも大きく影響を与えています。
 
今回はマッチングアプリ「ティンダー」のメリット・デメリットを踏まえて、本気で婚活・恋活するならティンダーはNGな理由を説明したいと思います。
 

ティンダーのメリット

  1. 男女共に登録料金無料
  2. 身分証明、年齢確認なしで簡単に登録できる
  3. 位置情報でマッチングできる
  4. 顔写真だけで判断されるのでルックスに自信がある人はマッチング率が高い

ティンダーのメリットは上記の4つが挙げられます。

それぞれ確認していきましょう。

①男女共に登録料金無料

登録料が無料のマッチングアプリは珍しいです。
課金なしで満足できます。
マッチング方法はシンプルなスワイプ方式で女性はスワイプし放題です。
男性は無料会員でも1日100LIKEまで可能です。
マッチングできるかは別として無料で1日100人にLIKEできるのは大きな魅力です。

②身分証明、年齢確認なしで簡単に登録できる

基本的にマッチングアプリは安全性を保つ為に、身分証明や年齢確認が必要です。
ティンダーの場合は身分証明や年齢確認の作業がなく、Facebookのアカウントがあれば5分程度で簡単に登録できます。

③位置情報でマッチングできる

半径1キロ〜数百キロまで距離を設定できます。
 
例えば、距離設定を3キロと設定したら自分のいる位置から3キロ以内にいる人とマッチングできるという事です。
距離設定を近い距離にしておけば「いまから誰かと食事に行きたいな」と思った時、気軽に会ってくれる人に出会える可能性が高くなります。
 
距離設定を遠い距離にしておけば、他県の人ともマッチングできます。
 
しかし、距離があるぶん実際に会うにはハードルが高いと思います。
※名古屋と大阪でマッチングし実際に会ったという友人がいるので行動力があれば可能なのかもしれません。

④顔写真だけで判断されるのでルックスに自信がある人はマッチング率が高い

ティンダーはルックスに自信がある人や写真映りが良い人がとにかく有利です。
 
ティンダーはカードの束を一1枚づつめくっていくイメージで、1枚めくらないと次の異性を見る事ができません。しかも、一度めくってしまうと前に戻れないので少しでも良いなと思う相手がいたらすかさずLIKEしていきます。
 
この原理によりルックスに自信がある人、写真映りが良い人には多くのLIKEが集まります。

ティンダーのデメリット

  1. 本気で婚活している人が少ない
  2. 検索機能がない
  3. 安全性に保証がない

ティンダーのデメリットは上記の3つが挙げられます。

①本気で婚活している人が少ない

ユーザーの男女比率は6:4
年齢層は24歳以下40%25〜34歳40%35歳以上20%となっています。
男女比率は悪くはないですが、若い層が40%を占めているので本格的に婚活をしている人は少ないです。
本気で婚活するならティンダーはオススメできません。

②検索機能がない

ティンダーは趣味や年収などを指定して好みの異性を探す検索機能がありません。
完全に見た目重視の世界です。
結婚は見た目だけでしてしまうとろくな事がなさそうなので、本気で婚活をしたい人は相手の性格など様々な部分まで知っておけるアプリの方が良いでしょう。

③安全性に保証がない

身分証明や年齢確認が不要な事もあり、業者やサクラもいるようです。
男性は遊び目的の人も多いですし、女性もビジネスの勧誘目的で登録している人も多いのは事実です。
変な人に引っかかって時間を無駄にするのはやめましょう。

まとめ

ティンダーは無料で十分楽しめますが、若い層が多く、判断基準も顔写真だけの為、本気で婚活したい人にはおすすめできません。
本気の婚活がしたい人は、身分証明がしっかりしていて、安全性が保証されており、検索機能もついていて、自分の好みの相手を探せる婚活アプリを利用するべきでしょう。
関連記事の2つは国内大手の婚活アプリで信頼・実績ともに十分です。
気になる方はチェックしてみてください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください