モテない男は究極のロマンチスト!?

モテる事に善も悪もありません

モテない事に善も悪もありません。

モテてもモテなくても

お付き合いできる相手は1人ですし

結婚できる相手も1人です。

そう考えるとモテる意味って

あまりありませんよね。

ただ若干の選択肢が増えるだけです。

モテる必要はありません!

たった1人の運命の相手を見つけましょう!

モテない男の特徴

基本的に全部見た目です。

というより清潔感です。

リストにしてみたので確認してみてください。

頭編

・フケが頭や肩に落ちている

・寝癖がついている

・ワックスなどのつけすぎでベタベタになっている

・夕方に頭を見ると汗と油で光っている

顔編

・にきびや乾燥ガサガサなどの肌トラブルがある

・毛穴が黒ずんで開ききっている

・いつも油テカテカで光っている

・肌が黒すぎるor白すぎる

・ヒゲをこまめに剃っていない

・朝の青ひげから夕方には無精髭

・鼻毛が出ているor何かの拍子に出る

・眉毛をあまり手入れしない

・唇が乾燥でガサガサしている

・歯をこまめに磨かない

・歯がなんとなく黄色い

・耳掃除をあまりしない

手偏

・爪が伸びているときがある

・爪の中が汚れている時がある

・乾燥でガサガサの時がある

服装編

・シワがある服を着ることがある

・襟元が黄ばんだ服をたまに着る

・服が経年劣化でよれよれになってしまったものを着る

・連続で同じ服装の日がある

・靴がぼろぼろで汚い

・ファッションに興味が無い

・あまり洗濯しない

匂い編

・体臭(足・脇・口・髪のどれか)が臭いときがある

・香水をつけすぎている

体型編

・太りすぎや痩せすぎでだらしない体型である

女性は恋している時は必ずと言っていいほど

友人に相談します。

「最近、この人と連絡とってるんだけど、どう思う?」

みたいな感じです。

その相談相手に気になる相手を見せて

「いいじゃん!」と背中を押してくれれば

恋は一気に加速していきます。

しかし、「ん〜なんか微妙・・」と言われてしまうと

途端に駆け上がりそうだった気持ちが失速します。

つまり、気になる女性の友人にお墨付きをもらう事が

結構、大切だったりするのです。

その為にも上記の特徴を一つ一つ改善してください。

どれも自分の小さな取り組みで改善できるものばかりです。

清潔感を身につけて初めて勝負のフィールドに立てるのです!

 

モテない男は究極のロマンチスト!?

モテない人って妥協しないというか理想が高い傾向があります。

ちくま新書の『もてない男』の著者の小谷野氏は

自らを「モテない男」と自称しつつも、

「才色兼備の女が好き」だと宣言しています。

さらに、「どうせ真っ向唐竹割りに振られるのなら、とびきりのいい女に振られる方がいいのではないか」

と言っています。

確かに、どうせ振られるならとびきりいい女に

振られる方がいい気もしてきますが・・・

これがモテない男が究極のロマンチストであるカラクリです。

 

なぜ究極のロマンチストを生み出してしまったのか?

アメリカの社会学者にチャルデーニという方がいるのですが、

彼は著書の中で

「何人かの研究者は、人気の高いメディア非現実的な美しさを持つ人々(男優、女優、モデル)を載せる事が原因で、現実に付き合う可能性がある身近な異性のルックスに私たちが満足できなくなってしまう事を警告している。例えば、ある研究では性的魅力が誇張されたヌード写真を見ると、自分の配偶者や恋人に満足できなくなる事を明らかにしている。」

と言っています。

こうした情報にどっぷり浸かってしまうと、

女性に求める要求水準が、否が応にも

上がってしまうのは納得できます。

まとめ

ロマンチストで理想が高いのもいいです。

まずは清潔感を身につけて戦えるフィールドに立ちましょう。

モテなくてもいいんです!

たった一人の運命の相手を手に入れましょう!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください