『サバイバルウェディング』第1話 伊勢谷友介から学ぶ婚活テク3選

こんにちは
FUJIWARA NO OWARI(@romio19911005)です。

いよいよ『サバイバル・ウェディング』はじまりましたね!

テーマは婚活です!!

ヴィトンやエルメスなどハイブランドがたくさん出てくるのですが、ハイブランドのマーケティング戦略を婚活に応用するというビジネスと恋愛の両方を学べる作品です。

こちらは簡単なあらすじです。

出版社勤務の黒木さやか(29)は、4年交際した和也と結婚するために会社を辞めた。 だが退職した日の夜、和也の部屋で他の女のパンツを発見し、しかも婚約破棄までされてしまう。
結婚と仕事を同時に失ったさやかは、ファッション誌の編集部に復職するが、新しい編集長はドSのブランド大好き男、宇佐美 (41)。しかも雑誌の企画として 「半年以内に結婚しろ。できなければクビ」と命令される。さやかが渋ると、宇佐美は「俺の戦略を使えば結婚なんて余裕だ」と豪語し、本当の婚活を教えると言う。引用 アマゾン

今回、伊勢谷友介さんが上記のあらすじにも出てくる編集長の宇佐美を演じているのですが、鋭い分析とマーケティング戦略を活かし、波瑠が演じるさやかの婚活をサポートしていきます。

伊勢谷友介さん演じる宇佐美の婚活テクニックで印象に残ったものを3つピックアップしてみました!

『サバイバル・ウェディング』伊勢谷友介から学ぶ婚活テク3選

男が喜ぶ事ではなく、男の脳が喜ぶ事をしろ

男が喜ぶ事ではなく、男の脳が喜ぶ事をしろ

このセリフは編集長の宇佐美(伊勢谷友介)からさやか(波瑠)への助言です。

さやかは元彼に料理も作ってあげてたし、会いに行ってあげてたし、掃除もしたり、警官のコスプレまでして彼のニーズに応えていたと言い張ります。

そんなさやかに対して、編集長宇佐美は「それはニーズに応えたのではなく、言いなりになっていただけ」とぶった斬ります。

一般的に考えて、さやかの行為は確かに男性が喜ぶ行為です。

会いに来て、料理作ってくれたりしたら男性なら嬉しいですよね。

しかし、宇佐美は「男性が喜ぶ事ではなく、男性の脳が喜ぶ事をしろ」とアドバイスするのです。

宇佐美の言う「男性の脳が喜ぶ事」とは一体どういう事なのでしょうか?

男の脳が喜ぶ=興奮する

ここでの興奮とは官能的な意味ではありません。

男は不安を感じる時に脳が興奮するそうです。

宇佐美は吊り橋理論を例に出し、

吊り橋理論で大切な事は人は不安な状況じゃないと恋愛感情が生まれないと豪語します。

吊り橋理論
吊り橋理論とは、恐怖や不安を一緒に体験した人に恋愛感情を持ちやすくなる心理効果のこと 

つまり、元彼とヨリを戻したい人や意中の相手を落としたい女性は男性に不安を感じさせる事が効果的なのです。

お前の値段は?

「あなたの値段はいくらですか?」と聞かれたら、すぐ答えられますか?

難しいですよね。

あなたには値札も付いていませんし、インターネットで調べても出てきません。

男性はどのように女性の価値を判断するのでしょうか?

どんな男に狙われているかが物差しであり、魅力的な男性に狙われていれば、それが判断基準となり、一緒にいる女性も価値が高いと判断される by宇佐美

例えば、芸能人の◯◯さん愛用!!と書かれたサプリメントなんかが効果があるのかよくわからないけど、バカ売れする事ってたまにありますよね。

芸能人の◯◯さん=魅力的な男性

サプリメント=魅力的な男性と一緒にいる女性

顧客=価値を判断する男 

顧客は芸能人の◯◯さんが愛用しているならこのサプリメントは効果があるに違いないと勝手に商品の価値が高いと認識しています。

恋愛でも似たような思考のプロセスを踏んでおり、あんなに魅力的な男が狙ってるいるんだから、いい女に違いないと女性の価値は判断されるという事です。

物事の絶対的な価値など存在せず、物事の価値は相対的に決められているということですね。

いまあなたの隣にいる人のスペックによってあなたの価値が決められると言っても過言ではありません!!

大切にされたかったら安売りするな

目の前の利益に捕らわれて、大切な物を安売りしてしまったら価値を下げる事になる

宇佐美の婚活戦略を忠実に実行しているとさやかの元彼はヨリを戻したいとさやかに近づいてきます。

宇佐美は「自分の物だと思っていた物が他の男の物になりかけている。お前の男は自分のプライドを満たすためにもお前を取り返したいと思うだろう」とさやかに伝え、「自分の物だと認識するためにもあいつは必ず身体を求めてくる」と助言します。

この助言の通り、さやかは元彼にキスを迫られます。

なぜ、別れた女にキスをしようとするのでしょうか?

元彼はさやかがまだ自分の事を好きだと思い込んでいるのでしょう。

男性は元カノがまだ自分の事を好きだと思い込んでいる人が多いと思います。

元彼からある日突然「最近どう?」「久しぶり!元気?」なんて連絡きた経験がある人いませんか?

こーゆー人は黄色信号です!まだ、あなたが自分の事を好きだと勘違いしてる可能性があります。

気をつけてください。

恋愛において、安売りとは肉体関係をもってしまう事です。

肉体関係をもってしまった瞬間に女性の価値は一気に下がります。

どんなに好きな相手でも、簡単に契りを結ばないでください。

簡単に手に入ってしまったものは疎かに扱いがちですが、苦労して手に入れたものは大切に扱います。

ユニクロの1000円のTシャツは洗濯機でバンバン洗いますが、2万円したハイブランドのTシャツは痛まないよう毎回手洗いするのと同じ事です。

自分で自分の価値を下げるような事は止めましょう!!!

『サバイバル・ウェディング』伊勢谷友介から学ぶ婚活テク3選まとめ

今回は伊勢谷友介さんから学ぶ婚活テクニックを3つピックアップして紹介してみました。

  • 男が喜ぶ事ではなく、男の脳が喜ぶ事をしろ
  • お前の値段は?
  • 大切にされたかったら安売りするな 

ちょーシンプルにまとめると

自分の価値を最大限に高めて、男を不安にさせて心をグッと引き寄せ、簡単に手に入らないような女になれ

ということです。

今回の婚活テクニックをぜひ婚活に活かしてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください