いい人止まりになってない!?優しすぎる男の特徴とモテない理由・改善策を徹底解説!

こんにちは
FUJIWARA NO OWARI(@romio19911005)です。

女性に「好きな男性のタイプは?」と質問すると

「イケメンがいい!」

「お金持ちがいい!」

など様々な答えが返ってきますが、

その回答の中には必ずと言っていい程

「優しい人がいい!」という回答も上位に食い込んできます。

女性からの「優しい人がいい!」というシグナルを受けて、

多くの男性は女性へのファーストアプローチでかなり「優しさ」を意識して接しているのではないでしょうか。

人に優しくする事は絶対的に悪ではなく、善なのですが、

恋愛において「優しすぎる男」は致命的で、それが原因で女性に幻滅されてしまうなんて事もあります。

今回は優しすぎる男の特徴・モテない理由と改善策を紹介したいと思います。

優しすぎる男の5つの特徴

誰にでも優しくて八方美人

優しすぎる男性は基本的に誰に対しても優しく接します。
「好きな男性には特別扱いされたい」というのが女心です。
自分にだけ優しさを振りまくならまだしも、他の女性に同じように優しくしていたら面白くありません。
意中の相手がいるのであれば、優しさの無駄遣いはやめましょう。

とにかく「ごめん」とすぐに謝る

これも優しすぎる男性がとりがちな行動です。
女性が何に怒っているかもよくわからないままとにかく「ごめん」と謝ります。
自分の非を認めて謝るの事は大切ですが、その場しのぎの反射的に口から飛び出してくる「ごめん」に女性は逆にイライラしてしまいます。
女性が怒り出したからとりあえず謝っとこうというスタンスは簡単に見破られます。

女性に任せがち

「◯◯ちゃんが好きなのでいいよ!おれはなんでもいいから!」と優しさをアピールしているつもりでついつい口にしてしまう男性も多いのではないでしょうか。
完全に優しさを履き違えています。
「おれはなんでもいいから」と選択権を全て女性に与えるのは女性からしたら正直苦痛です。
女性からは「この人全く考える気ないんだな」とマイナスに捉えられてしまう事も多々あります。
改善策としては
「おれはこれかこれかこれが良いと思うんだけど、◯◯ちゃんはどう?」というように
相手に選択肢をいくつか与えてあげるのがオススメです。
これだけで、スムーズに事が運べますし、なにより「しっかりリードもできる男」という印象も与えられるでしょう。

なんでも「YES」マン

なんでも「YES」マン、とにかく「YES」マン。
「NO」が言えない「YES」マン。
これも優しすぎる男の特徴の一つです。
女性のワガママをなんでも聞いてばかりいると只の「都合の良い男」に認定されてしまう恐れがあります。

女性をやたらと家まで送りたがる

「よかったら家まで送ろうか?むしろ送らせてほしい!」とやたらと女性を家まで送りたがる男性っていますよね。女性からしたらありがたい話ではありますが、ワンチャン狙ってる感が出てしまって逆に敬遠されてします事もあるので気をつけましょう。優男とチャラ男は紙一重です。

優しすぎる男がモテない理由

本心が見えない・本音がわからない

「全然怒ったりしないし、否定とかもしてこないし、いつも優しいけど、本当はどう思っているんだろう」と思われてしまいます。女性からしたら本心が見えないので、「もしかしたら無理させてるかも」などと心配させてしまい「性格の不一致」などを想起させてしまいます。

なんでも許してくれて物足りなく感じる

女性の言う事やお願い事に「NO」と言わない「YES」マンは一見モテそうに思えるかもしれませんが、女性からしたら「自分の意見はないの?」「なんで怒らないの?」となんだか物足りなく感じてしまいます。なんでも女性の言う事を許してしまうのは愛情ではなく、ある意味男性側の惰性なのかもしれませんね。男性はもっとコミュニケーションをとりましょう。

下心全開で女性に媚びている

女性を家まで送りたがったり、女性に気に入られようとお世辞ばかり言っている人は「下心全開で媚びている」と思われてしまいます。女性は男性があまりにも下手に出てくると対等に見てくれなくなり、恋愛対象外に認定されてしまいます。恋愛工学では女性を褒めて媚びるよりも「ディスる技術」を上手く使っている男性がモテるとされています。

恋愛工学が気になった人は下の記事に目を通してみてください!

関連:【書評】『恋愛工学の教科書』を読んだ感想 デートはセックスから逆算してデザインしろ!?

優しすぎる男にならない為の改善策

無意識に「ごめん」と謝るのをやめる

優しすぎる男性は無意識に「ごめん」と謝りがちです。意味もなくとりあえず謝ってしまう癖をまずは直しましょう。無闇に謝っても逆に女性の気分を害してしまう事も多々あります。根本的な問題解決にはなりませんし、男性側の価値や威厳を無駄に下げてしまうので無意識に謝る行為は改善していきましょう。

自分の意思はしっかり伝えよう

女性の意見を尊重するばかりではなく、自分の意思はしっかりと伝えましょう。YESマンをやめて自分の思っている事を伝えるだけでも、あなたの印象やイメージは大きく変わります。これだけで女性から「なんでも許してくれて物足りない」なんて思われなくなります。自分の思いは積極的に言葉にしていきましょう。

一度相手の立場に立って考えてみる

ひとりよがりの優しさではなく、一度相手の立場に立って考えてみることはとても大切です。あなたが良かれと思ってとった優しい行為も、女性からしてみたらあまりためになっていないなんてこともあります。わがままを全部受け入れるなどは典型的な例で、女性の成長機会や奪っていたり、悪影響を与えていることも。一度相手の立場に立って考えてから行動をしましょう。

まとめ

優しいことは悪い事ではありませんが、やる事なす事優しすぎたり、嫌われないように振舞ってしまう人は優しすぎるが故にいい人止まりになって恋愛対象から外れてしまうなんてこともあるかもしれません。優しすぎる男性の特徴や理由を理解して改善して真の優しいモテ男を目指してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください