第一印象に勝る営業スキルとは?

こんにちは
FUJIWARA NO OWARI(@romio19911005)です。

今回は文体をコラム風にしてみました。

ふじぴ
気分はまるで世界の文豪!
フジガミ様
たまには夢を見るのもいいだろう

それでははじまり、はじまり〜

 

営業マンが何度も何度も足を運ぶうちに、やがて「君の熱心さに負けたよ」と客が契約してくれたという話がたまにある。

自分の熱意がやっと伝わったと営業マンは喜ぶけれど、それは誤解。

また「諦めずに足を運べば熱意が通じ、注文が取れる」と部下を叱咤激励する上司がいるが、これも誤り。

何度か足を運んで良い結果を得られるのは、実は最初から第一印象が良かった人だけ。

逆にいえば、第一印象が悪かった人は、その後何十回訪問しても相手は嫌がるだけで、うまくいく事はほとんどない。

心理学に「スリーセット理論」という法則がある。

人間は誰かに3回も会えば、印象や評価がほとんど固定化され、3回以降は何度会っても、最初の印象を強めこそすれ、劇的に変化する事はほとんどないというものだ。

しかも、1回目での第一印象は相手の外見で評価され、内面的な魅力はほとんど考慮されない。

2回目の出会いでは初対面での観察を再評価するが、よほどのインパクトがない限り第一印象のイメージが崩れる事はなく、3回目では、もはや判定を確認するだけにとどまる。

おまけに、第一印象の判断を下すのにかかる時間はたった3〜5秒だと、米国の心理学者アルバート・メラビンは実験結果から指摘している。

しかもその第一印象を決める構成要素は

  1. 言葉(話の内容)7%
  2. 声(声の大きさ、高さ、強弱、テンポ、イントネーション)38%
  3. 外見(表情、動作、仕草、腹足、メイク)55%

だとか。

「人を見かけで判断してはならない」と口では言う私たちも、実際の行動は違うらしい。

さらにさらに、こうしたスリーセット理論」で抱いた第一印象を覆し、相手に受け入れてもらえる可能性は1%未満だそうだから、ほとんど絶望的と言っていいだろう。

ただし、心理学にはもう1つ「返報性の法則」というものもある。

米国の心理学者で「影響の武器」の著者ロバート・チャルディーニが言うもので、

人間は、他人から何らかの施しを受けると、そのお返しをしなければならないという感情を、程度の差こそあれ抱くということ。

たとえば「親切にされたら親切を返す」「受けた恩は返そうとする」「そっちがそうくるならこっちもこう返そう」と思う気持ちだ。

その「返報性の法則」が「スリーセット理論」を打ち破ることができるのか否か、浅学の私にはわからない。けれど、我が国の政治の現状が「返報性」どころか、与党も野党も「どっちもどっち」であることは、残念ながら国民はよーくわかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください