過呼吸の正しい対処法と間違った対処法 袋を口に当てる呼吸方法は危険すぎる!

先日、新橋駅前で女子高生7人が次々と倒れたとニュースになりました。

熱中症で倒れたのかな?とかまさか毒がまかれたのか?テロだ!とか色々考えましたが、意外にも過呼吸が原因だったようです。

過呼吸の応急処置としてパッと思いつく方法がありませんか?

ふじぴ
袋を口に当てて呼吸させるやつ?

まさにそれです。

しかし、この方法は人を殺してしまう可能性があるそうです。

人助けしたつもりが人殺しに繋がってしまうかもしれません。

ダークサイドに落ちない為にも、正しい知識をつけておきましょう。

今回は過呼吸の原因・症状・対処法をまとめてみました。

過呼吸とは!?

突然発症すると、冷静に対処しづらい過呼吸。過呼吸とはどのような状態で、どんな症状が出るのかまとめました。

過呼吸ってなに!?

過呼吸とは、「息を吸いすぎて、息を吐きすぎている」状態のこと言います。

平常時と比べて浅く、速い呼吸を繰り返すことで、血液中の二酸化炭素が大量に排出され、血中酸素が多くなり、同時に血液がアルカリ性になることで息苦しさを感じるようになります。重度の場合、しびれやけいれん、意識混濁(こんだく)といった症状が出ることもあります。

過呼吸発生のメカニズム
  1. 呼吸が浅く、速くなる
  2. 血液中の二酸化酸素濃度が下がり、酸素濃度が上がる
  3. 脳が息苦しさを感じ、「息を吸いすぎて、息を吐きすぎる」状態になる
  4. 血液中の二酸化酸素不足によって、手足の痺れなどの症状がでる

過呼吸の症状

過呼吸になると、血管の一部が収縮することで血液の量が減り、全身に酸素が行き渡りづらい状態になります。そのため、息苦しさだけでなく、以下のような症状が現れます。

症状一覧
  • 頭や身体がふらつく感じがする
  • めまい(自分が回っているような感覚)
  • 自分の身体が自分のものではない、現実に存在しないかのように感じる
  • 心拍数が増加する(脈拍が速くなる)
  • 手足や顔がビリビリする(机の角にぶつけたときに近い痺れ)
  • 身体中の筋肉がこわばる
  • 手のひらに汗をかく
  • 口が渇く(口の中がパサパサしてうまく話せない)

過呼吸の原因

浅く、速い呼吸になってしまう「過呼吸」は、過度な緊張や不安、またパニック障害など精神的な理由によって引き起こされると考えられています。具体的にどんな原因があるのか、見ていきましょう。

過呼吸は自律神経の乱れが原因

過呼吸は、血圧や血液をコントロールする自律神経が乱れると、発症しやすくなります。自律神経の乱れは、心身の緊張状態を生み出して呼吸速度を上げ、血液中に酸素量を増加させるからです。

つまり、自律神経の乱れを引き起こす以下のような要因が、過呼吸の原因になると考えられます。

(1)ストレス・疲労

仕事へのプレッシャーや過労、仕事や私生活における人間関係など、精神的なストレスによって、自律神経が乱れ、過呼吸になりやすくなります。

(2)睡眠の質の低下

自律神経のうち、活動している時や緊張している時にはたらく交感神経は、昼に優位になり、休息をつかさどる副交感神経は、夜に優位になります。

しかし、睡眠の質が低下するなどして自律神経が乱れると、夜に交感神経が優位になってしまいます。交感神経が優位になると呼吸が速くなり、過呼吸が起こりやすくなります。

(3)泣いた時

声をあげて泣いたり、しゃくりあげるように激しく泣いたりといった場合です。激しく泣くような時は過呼吸になりやすいです。過呼吸の状態で呼吸数が減らないと、吸い込む酸素の量が多くなるため血液中の酸素量が高くなり、同時に吐き出す二酸化炭素の量が増えるために、逆に二酸化炭素の量が減っていきます。

過呼吸になりやすい人の特徴

過呼吸の発症には、ライフスタイルも影響します。以下に挙げた行動をとっている人は過呼吸になりやすい可能性があるので、注意しましょう。

寝る前に携帯をいじる

現代にかなり多いと思いますが、ベッドに入ってから眠るまでのあいだ、スマートフォンでSNSやニュースをチェックしてしまう習慣がある方は要注意。

ちょっとした気分転換のつもりでも、目から入るスマホの光が刺激となって脳が覚醒し、交感神経が優位になりやすくなります。眠る前に交感神経が優位になると、睡眠の質の低下にもつながります。

寝る直前まで仕事のことを考える

眠りに入る直前まで仕事のことを考えるなど、脳が興奮状態になるような習慣も避けたい行動の1つ。

思考のスイッチを切らないまま眠りに入ると、眠りが浅くなり、身体の緊張が抜けない状態で朝を迎えることになります。結果、翌朝起きた時に余計な力みが残って緊張状態になりやすくなり、浅い呼吸にもつながります。

食べ過ぎ、飲み過ぎ

食べ過ぎや飲みすぎは、内臓を圧迫して息苦しさを生み、呼吸を乱す原因になります。特に、おなかがパンパンに張るほどの満腹状態だと、横隔膜を十分に動かすことができず、胸式呼吸になってしまいます。

胸式呼吸は、身体に力が入って呼吸が浅くなるので、過呼吸になりやすいといわれています。「腹八分目」という言葉がありますが、リラックスした呼吸をするためにも、食べる量や飲む量は、息苦しさを感じない程度に抑えましょう。

頑張り過ぎてしまう

仕事やプライベートの活動を頑張り過ぎてしまい、「睡眠やリラックスできる時間がしっかりとれない」という人は、交感神経のスイッチが常にONの状態。身体が常に緊張状態で、呼吸が浅く速くなりやすくなっており、過呼吸が起こる危険性も高まります。

また、頑張りすぎてしまっている人がつく「ため息」は、過呼吸の「前触れ」という説もあります。「一定時間息をためて、一気に吐く」という行為は、呼吸のリズムを乱す原因になるので注意が必要です。

過呼吸の正しい対処方法

過呼吸の対処をする際に重要なのは、「酸素を必要以上に摂取しないこと」です。今回は、「呼吸コントロール法」という、道具がなくても対処可能な方法を紹介します。

呼吸コントロール法

  1. 何かをしているときなら、とりあえず安静な姿勢をとる
  2. 息を止めて、10数える。その時に息を吸わないように気をつける
  3. 10まで数えたら、息を吐き、静かな落ち着いた調子で、自らに「リラックス」と声かけをする。その時、必ず鼻で息を吸うこと
  4. 「3秒間息を吐いて、3秒間息を吸う」ことを10回、1分間繰り返す。息を吐くたびに「リラックス」と自分自身に声をかける
  5. 再び10秒、息を止める
  6. 再び3秒息を吐いて、3秒鼻で息を吸う「6秒サイクル」の呼吸を1分間続ける
  7. 症状が落ち着くまで①〜⑥を続ける
出典:「パニック障害と過呼吸」(幻冬舎)

口に袋を当てるのは間違った対処法!?

かつて、過呼吸といえば、「ペーパーバッグ法(=紙袋を口に当てて息をする)」がメジャーな対処法でした。

これは、血中の二酸化炭素不足を補うため、自分が吐いた二酸化炭素の多い空気を吸うと良いと考えられていたからです。

ですが、最新の対処法ではペーパーバッグ法は間違いとされています。

なぜなら、この方法では酸素も不足するためです。窒息死してしまった例もあるそうなので、注意しましょう。

ふじぴ
ペーパーバッグ法は素人はやめとけよ!死ぬぞ!

過呼吸の正しい対処法と間違った対処法まとめ

過呼吸はストレスや寝不足、泣いた時などに起こりやすいので、誰にでも過呼吸になってしまう可能性を秘めています。

僕の友人は映画「君の名は」を1人で見に行った時に、感動のあまり涙が止まらず過呼吸になってしまいました。映画が終わっても立ち上がれず、1人ぽつんと映画館に残され、最終的に清掃のおばちゃんに「この映画泣けるよねぇ〜」と励まされながら背中をポンポンしてもらったみたいです。

ふじぴ
そのおばちゃんに「君の名は?」って聞きたいくらいのシュチュエーションだな

本当にいつ、どこで、発症するかわからないのが過呼吸です。

過呼吸になった時はとにかく呼吸のリズムを整えてあげるのが最善策です。

上記の呼吸コントロール法をいざという時のために頭の片隅に入れておきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください