【2018】オススメのipadは!?価格・スペック・違いを徹底比較!【12.9,10.5インチipad pro/新型ipad/mini4】

iPhoneとの相性も抜群で人気のiPadが欲しいという方はいませんか?

僕はずっと欲しくて欲しくたまらなかったです。

ただ、iPadは複数の選択肢・種類があって、

どれを選べばいいかわからない。

どのiPadがおすすめなの?

という方も、意外と多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、それぞれの特徴や違いを紹介・比較しながら、ぴったりのiPadの選び方について見ていきたいと思います。

ipadを購入する時の選択肢

ipadを購入する上での選択肢は

  • モデル
  • ディスプレイサイズ
  • 容量

となっています。

ふじぴ
あ、当たり前すぎるような・・・

上記の項目について、それぞれどのような特徴があるのか詳しくみていきたいと思います!

ipadのモデルについて

このモデルの選択は誰もが1番悩む所だと思います。

現在、公式で購入できるiPadは

  • 12.9インチ iPad Pro
  • 10.5インチ iPad Pro
  • 新型iPad(第6世代)(無印)
  • iPad mini 4
    この4種類となっています。
補足
iPad Proは現在の最新モデル、新型iPad(第6世代)は2017年3月28日に発売されたばかりの廉価版、iPad mini 4は2015年の発売の商品です。 

各モデルを選択する上で、重要な選択ポイントの違いをまとめると以下の通りとなります。

特に重要なのは

  • サイズ
  • 重量
  • チップ
  • Apple PencilとSmart Keyboardを使えるか
  • オーディオ
  • 価格

です。

サイズ・重量について

最も重要な選択肢といってもいいのが、サイズと重量でしょう。

特にサイズは、目的によって大きく変わってくるポイントです。

例えば、持ち運んで大きめのiPhone的に使いたいという方は7.9インチのiPad miniが向いていますし、主に家で使用する場合は12.9インチの大画面、両方のバランスが取れてるのは9.7インチや10.5インチといったことです。

自分の目的にあったサイズ、ぴったりのサイズを選択してください

point
  • 12.9インチ→パソコン代わりに使いたい人、クリエイター向き
  • 10.5 or 9.7インチ→家でも外でもバランス良く使える
  • 7.9インチ→持ち運びには適しているが、正直、画面が小さい

チップについて

チップは、性能やグラフィックスを左右する大きなポイントです。

iPad mini4に搭載のA8チップを1とすると、以下の通りです。

  CPU(性能)  グラフィックス
A8 1 1
A10 2 2.7
A10X 2.5 4.3

性能にこだわりたいという方は、A10Xを搭載しているiPad Proが最適ということになります。

iPad ProはベンチマークでMacBookProに匹敵するレベルのスコアを叩き出しており、その性能は素晴らしいです。

ただし、A8搭載のiPad mini4でも、ゲームや読書など全く問題はないです。

言うまでもなく、miniの2倍以上の性能の新型iPadは、ほとんどの人にとっては何不自由なく快適に利用できるスペックと言えます。

動画編集などの重たい作業をする方は、iPad Pro一択ですが、ブラウジングやゲームなどの方は、特に気にせず他のポイントで選択しても大丈夫です。

point
  • ipad pro→動画編集など重たい作業する人
  • 新型ipad・ipad mini→ゲーム・読書・ブラウジングを中心に使う人

Apple Pencil・Smart Keyboardが使えるかについて

Apple PencilとSmart Keyboardが使えるかどうかも大きなポイントです。

Apple Pencilを使って、お絵かきやノートにしたいという方は、iPad Pro・新型iPad(第6世代)ということになります。

Apple Pencilの性能は他のスタイラスペンとはレベルが違い、使ってみれば感動するレベルですし、この差は大きなポイントです。

Proでも新型ipadも両方Apple Pencilが使えますが、ディスプレイの仕様などの違いで、Proの方がApple Pencilの使い心地も若干上です。

ですから本格的に絵を描くことに使いたいという方はProの方が満足できます。

ただ新型ipadでも、メモを取ったり軽く絵を描いたりするぶんには、満足に利用できます。

一方、Smart Keyboardは、パソコンがわりのように使いたいという方にとっては重要なポイントでしょうが、タブレットを購入したい方にとっては、そこまで大きなポイントではないでしょう。

ですから、Apple Pencilの使用用途を考えて選んだ方が良いと思います。

point
  • 絵を本格的に描きたい人→ipad pro
  • 軽い落書きやメモに使いたい人→新型ipad

オーディオについて

意外に注目されないポイントですが、オーディオも大きな違いです。

iPad Proでは、上下に合計4つのスピーカーがついているので、大音量で聴ける上、横置きにした時にも、違和感なく使用できます。

一方、新型iPadとiPad mini 4は、本体下部の2つのみなので、音量が足りなかったり、横置きにした時に片方からしか聞こえないというデメリットがあります。

ふじぴ
外出先では基本的にイヤホンつけるよね!

動画をみる時にはイヤホンをつけるという人はあまり気にならないかもです。

容量について

各モデルの容量・料金については以下の表の通りです。

ipad Proはディスプレイサイズにかかわらず、64GB・256GB・512GBの3種類から、新型iPad は、32GB・128GBの2種類から、iPad mini 4は128GBとなっています。

これも、選び方は使用方法によって大きく異なってきます。

iPadにローカルデータとして、オフラインで保存しておきたいという方は、128GBや256GBを選択することをおすすめします。

32GBは、普段からクラウドを使いこなしていたり、自分は絶対それ以上使わないことがわかっている方以外にはおすすめしづらいので、iPadが初めての方は後悔しがちですので128GBをおすすめしたいところです。

ふじぴ
容量は多くて損はない!

一方現在では、クラウドにデータを保存しておくという方法も一般的になってきましたから、そういう方はデータを大量に使用する場合でも、32GBでもまったく問題なく使用することができます。

また、仕事でがっつり使う方や、画像データを大量に保存しなければならないという方は、512GBも選択肢に入ってくるかと思います

ふじぴ
容量が少なくてもクラウドを利用すればなんとでもなる時代なんだね!
補足
iCloudは、50GBで130円200GBで400円で容量を増やせます。

クラウドに抵抗感がなければ、iPadの容量は少なめにして、クラウドで容量を追加するという方法も良いですね。

ipadまとめ

サイズ・重量、チップ、ガジェットが使えるか、価格、容量など様々な面から比較してみましたがいかがだったでしょうか。

最後にこんな人にはこれがオススメみたいな感じで締めたいと思います!

自分の使用用途をしっかり考えて、自分にぴったりのパートナーを見つけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください